Nikon D750、D610、D7100の怠惰な使い方

DSC_0016

私はNikonのD610というデジタル一眼レフカメラを使っているのですが、もともと怠惰な性格なので、いかに楽をしてカメラを使うかよく考えています。
私がこれまで撮影してきた中で、この方法を使えば楽だと思える方法をいくつか見つけましたので、この場で紹介しておきます。
なお、操作系が同様のD750やD7100、旧機種にも当てはまるでしょう。

1、親指AF設定時にカメラに詳しくない人へカメラを渡して写真を撮ってもらう方法
参考:気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート ニコンD600【第5回】 ユーザーセッティングとマイメニューは使い勝手の肝だと思う

DSC_0011

Nikon D750、D610、D7100の背面上部にはAE-L・AF-Lボタンがあります。
ふだん親指AFの設定をしている方は、設定のf4(D610の場合)で「AF-ON」にチェックを入れて、AE-L・AF-LボタンでAFを作動させているはずです。
D600、D610、D750は独自のAF-ONボタンがないから、このようにして、AE-Lはシャッターボタンに割り当てている方が多いのでは。

この設定のまま観光地で撮影していて、自分も被写体になりたいと思って人にカメラを渡すとき、いちいちAF関係をいじるのは無粋です。
パッとカメラを渡してサッと自分(たち)を撮ってもらいたい。

そんな時に使えるのが軍艦部右側(背面から見ると左側)にある撮影モードダイヤルのU1、U2ダイヤル。
ユーザーセッティングのダイヤルです。
あらかじめシャッターボタンにAF、レリーズ両方の機能を割り当てておき(半押ししてAF、全押ししてレリーズ)、その設定をユーザーセッティングに登録します。
U1はAモード(絞り優先)、U2はMモード(マニュアル)にしておく、というのも手です。

DSC_0024

そしてカメラを人に渡す際、ダイヤルをU1またはU2にして、最後にLvボタン(ライブビューボタン)を押すと……。
なんと、なんちゃってコンデジスタイルとなります。
「画面見てシャッターボタン押すだけで撮れます」と言って撮影を頼むことができるようになります。
ファインダーのあるカメラに慣れていない人にも、簡単に説明することが可能。

これより上位の機種にも下位の機種にもユーザーセッティングのダイヤルが無いため、上記機種のユーザーだけが使えるたいへん便利な機能です。

2、リモートコードを使わずにミラーショックを抑えて撮影する方法

DSC_0012

「露出ディレーモード」(D610の場合、設定のd10)を使います。
これだけです。ブツ撮りに有効です。
シャッターボタンを押すとミラーがアップして、設定した時間(1秒、2秒、3秒)が経過したらシャッター幕が開いて露光が始まります。
露光が終わるとシャッター幕が降りると同時にミラーも下がります。

セルフタイマーだとミラーがアップすると同時に露光が始まるので、ミラーショックが抑えられません。
ライブビューにしてセルフタイマーで撮影しても同じ、といったらそうですが、ライブビューを使わない時もありますからね。

3、SDカードを素早くフォーマットする方法

DSC_0013
DSC_0015

削除ボタンと測光モードボタンを御覧ください。ボタンの横に「FORMAT」という赤い文字がありますね。
これらのボタンを同時に数秒押すと、表示パネルに「For」の文字が表示され、その後また同じボタンを同時に押すとSDカードのフォーマットができるのです。

SDカードが2枚入る機種では、メインコマンドダイヤル(背面側のダイヤル)でフォーマットするSDカードが選択できます。
SDカードは撮影する前にデータを削除すれば良い、というわけではなく、いったん写真を取り込んでから新たに撮影する際には、改めてフォーマットしたほうが良いと聞いたことがあります。
この方法を使えばメニュー画面を操作することなく、フォーマットが可能です。

DSC_0019
DSC_0020

4、イメージセンサークリーニングを起動しないでセンサーのゴミをブロアーで落とす方法

DSC_0026

セットアップメニューの「イメージセンサークリーニング」は電池残量が少ないと起動しません。
センサークリーニング作業中にシャッター幕が降りてミラーが下がることを防止するためです。
ただ、電池残量が少ない時に、ちょっと目立つゴミをブロアーで落としたい、という時は困ります。

そこでLvボタン(ライブビューボタン)を使うと、センサーが露出するので、ちょっとブロアーを使う程度の時に役立ちます。
決して本格的な清掃をしてはいけません。いつ電池が切れてミラーが落ちてくるか分からないからです。
ブロアーでシュポシュポしたい時だけ、この技が使えます。

ライブビュー時はセンサーが帯電しているため、小さなゴミが逆に付着するかもしれません。
大きなゴミを落としたい時だけ、ボディを下に向けてブロアーを使うのがよろしいでしょう。

私の場合、いちいちメニューボタンを押してイメージセンサークリーニングを起動するのが面倒なので、日常点検ではライブビューにしてブロアーでセンサーのゴミを落とします。これでだいたい落ちますし、本格的に清掃するときは充電された電池を使ってイメージセンサークリーニングを起動します。

5、おわりに
いずれも説明書には書いてあるのでしょうが、実際に使っていて楽だなあ、と思った事柄を記しました。
今後も使ってゆく中で楽な使い方を見つけると思いますので、この投稿は随時更新してゆこうと考えております。

2015/02/25追記:「4、イメージセンサークリーニングを起動しないでセンサーのゴミをブロアーで落とす方法」を追加

2015/02/26追記:ユーザーセッティングのダイヤルとライブビューのボタン画像を追加

Nikon角窓ファインダー機の丸窓化方法

DSC_0022

TwitterでNikon D600、D610、D750のファインダーを丸窓化する方法を知ったので、他の機種も含めて、説明ブログを参照しつつこの場でまとめておきます。

1、はじめに
まず、Nikonの現行機種でファインダーが丸窓になっているのは、
・D4S
・D810
・D810A
・Df
の4機種。

逆に角窓なのは、
・D750
・D610
・D7100
・D5500
・D5300
・D3300
の6機種。

これから触れるのは角窓6機種(他に旧機種も)についてです。
私が手に入れていない部品についても触れますが、その点は自分の丸窓化体験の他、仕様を調べた上での憶測が含まれています。

2、DK-17Mを装着する場合
参考:Nikon D600 丸窓化 – Trace of hobby

丸窓4機種にはファインダー倍率が1.2倍になるマグニファイングアイピースDK-17Mがそのまま付けられますが、角窓6機種にはそのままでは装着不可能。
そこで第1に、丸窓化した上でDK-17Mを付けたいという需要があります。ファインダーを覗くと見やすくなりますからね。

この方法をとるには、付属の接眼目当てを取り外した上で、以下の各部品を装着する方法が有効です。

方法1:TENPA MEA-NとNikon純正DK-17Mを装着
方法2:TENPA MEA-CNとNikon純正DK-17Mを装着

TENPAのMEA-N、MEA-CNはアダプターで、ファインダーに装着するとDK-17Mが付けられるようになります。
焦点工房楽天市場店に極稀に入荷されているようです。
このうちTENPA MEA-Nはほんの少し幅広、TENPA MEA-CNは少しきつきつな仕様(おそらく)。

ファインダー部分の幅が若干広いD750、D610、D7100(?)系統はMEA-N、MEA-CN共に装着可能。
MEA-Nはピッタリ、MEA-CNはきつめにガッチリと装着されるはずです(おそらく)。

逆にD5500、D5300、D3300系統はファインダー部分の幅が若干狭いのでMEA-CNのみ装着可能。
MEA-Nではスカスカになってしまいます(おそらく)。

以上よりファインダーが丸窓化されます。
その上で遮光性に優れた接眼目当てDK-3、DK-19等が装着可能。

ところでTENPAのMEA-N、MEA-CNは単品で入荷されることがほとんど無いため、どうしても丸窓化したい場合はTENPA GOLDEN EYEを購入されるのがよろしいでしょう。
こちらはTENPAのMEA-N、MEA-CN等の他に、1.22倍または1.36倍のアイピースもセットになっております。その分、けっこうなお値段ですが。

3、単純に丸窓化したい場合
参考:GANREF | D600のファインダーを丸窓化してみた

第2として、単純に丸窓化して格好つけたい、という需要も存在します(笑)
Nikonといえば丸窓、という考え方ですね。
また私のようにメガネをかけていたり、縦構図だったりすると角窓は見づらい、という方もおられることでしょう。

この方法をとるには、付属の接眼目当てを取り外した上で、以下の各部品を装着する方法が有効です。

方法3:Nikon純正DK-22とNikon純正FAアイピースを装着
方法4:Nikon純正DK-22とNikon純正F3アイピースを装着

DK-22はアダプターで、ファインダーに装着すると上記アイピースが付けられるようになります。
少しきつきつな仕様なので、どの機種でも装着可能です。
FAアイピースは枠が薄め、F3アイピースは枠が厚め。ここらへんは好みで良いでしょう。

以上よりファインダーが丸窓化されます。
その上で遮光性に優れた接眼目当てDK-3、DK-19等が装着可能。

4、おわりに
DSC_0006

私は最初、TENPAのアダプターを手に入れてDK-17Mを付けたかったのですが、アダプターがなかなか手に入らなかったので、DK-22とF3アイピースをD610に装着しました。
ファインダー倍率は変わりませんが、丸窓化されたことによりメガネ着用でもファインダーが覗きやすくなった気がします。
付属の接眼目当てDK-21が厚すぎたため、少し薄くなったことも良い効果を生んでいるのでしょう。
縦構図でも見やすく、あまりケラレもありません。
D3300にはDK-22、FAアイピースを装着して軽快なファインダーにしました。
しばらくこれで撮影しようと考えています。

CP+へ行ってきた

DSC_4492

日曜日、CP+へ行ってきました。
家からバイクで向かい、会場(パシフィコ横浜)の地下にある駐輪場にバイクをとめました。

IMG_8773
IMG_8774
会場直結だし安いので、ここはオススメです。

DSC_4504
DSC_4508
DSC_4506
まずニコンのブースへ。本田翼かわいいですね。そしてニコンちゃん、もっとかわいいです。

DSC_4509
リコーのブースへ。ペンタックスのシールをいただきました。

DSC_4515
シグマのブースへ。山木社長がいらっしゃったので、写真を撮らせていただきました。

DSC_4529
ソニーのブースには鉄道写真で有名な中井精也さんがおりました。

いろいろと楽しむことができました。
また来年も行きたいと思います。

写真と機材と私

DSC_3777

ふと思い立って、いま持っている写真機材全ての写真を撮りました。それぞれ少しずつ語ろうと思います。
なお上の写真は、左がニッコールタンブラー、右がレンズです。

<カメラ>
DSC_0003
Nikon D610。
PENTAXを売ってNikonに移った時、最初に買ったNikonはD600。その後、例の問題のためD610に交換していただきました。

DSC_3844
Nikon D3300。
小型軽量のカメラが欲しいと思って、最近手に入れました。AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDとの相性抜群。

DSC_3848
Nikon F100。
プロフォトグラファーの赤山シュウさんに影響されて、初めて買ったフィルムニコン。精悍な顔立ちにしびれます。

DSC_3846
Nikon F3。
友人から、一生大切に使うという約束で譲っていただいたもの。お父様の遺品とのこと。
長い間眠っていたようですが、自分で清掃してモルトを交換したら、かなり綺麗になりました。今年中にオーバーホールをお願いしないと。

DSC_3845
Nikon EM。
ヤフーオークションでAi Nikkor 50mm f/1.8Sを手に入れた時、ついでに付いてきた美品。
最近知ったのですが、EMとD3300は同じ重量のようです。軽いのが良いです。

DSC_3838
PENTAX 6×7。
前述の友人から同じく譲っていただいたもの。シャッター音が凄いです。
たまにミラーが跳ね上がったままシャッターが切れなくなるので、修理をお願いしないといけませんね。

<レンズ>
DSC_3803
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED。
大三元標準ズーム。タンブラーを先に手に入れていて、同じものが欲しいと思って手に入れました。
この一本でだいたいなんでも撮れて便利です。AFも爆速で頼りになります。

DSC_3810
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED。
50mmでは狭いな、と思う場面があったため昨年末35mmを手に入れました。被写体にかなり寄れます。寄れるは正義。

DSC_3807
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G。
D600と一緒に購入。以前から基本は50mmという感覚があるので、しばらくはこの一本で撮っていました。焦点距離の感覚を掴むのに役立ちました。
寄ってよし、引いてよし。更に解像もして、お値段控えめ。Nikonユーザーは、ぜひ手に入れたいレンズです。

DSC_3811
Ai AF Nikkor 50mm f/1.8D。
現行Fマウントニッコールの中で最軽量(たしか)のレンズ。DタイプなのでF3やEMでも使えます。
このレンズを使うたびに、やはり軽いは正義だと感じます。

DSC_3814
Ai Nikkor 50mm f/1.8S。
Ai Nikkor 45mm f/2.8Pが「パンケーキレンズ」に対して、こちらは通称「大判焼きレンズ」。
薄くて軽くて面白いです。フォーカスリングのトルクがスカスカなので、いずれ整備してもらおうと思っています。

DSC_3822
Ai Zoom-Nikkor 35-105mm f/3.5-4.5S。
F3と共に譲っていただいたレンズ。マクロモードという面白い機能があり、それに切り替えるとけっこう寄れる。

DSC_3823
ぎょぎょっと20(Fisheye Type 20mm F8)。
ニコンおもしろレンズ工房の一本。コントラストが強く、色味もくっきり。
画角180°の対角線魚眼レンズほど画角は広くないのですが、十分楽しめます。さすが「おもしろレンズ工房」。

DSC_3824
DSC_3826
ぐぐっとマクロ(Macro 120mm F4.5)ふわっとソフト(Soft 90mm F4.8)。
分解して組み立てるといろいろなレンズになる、おもしろい一本。
ぐぐっと寄れる「さらにぐぐっとマクロ」だと、かなり寄れます。マクロはタムキューばかり使っていますが、たまには使いたいです。

DSC_3828
どどっと400(Tele 400mm F8)。
400mmの世界を気軽に楽しめます。ただし色収差がけっこうあるので、逆光時は注意しています。
なお、おもしろレンズ工房の三本セットは大阪で手に入れました。たまにヤフーオークションでも見かけますから、気になる方はぜひ。

DSC_3833
TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model 272E II)。
いわゆるタムキュー。伝説のマクロです。現行製品ですが、新型F004の一つ前のモデル。
開放のフンワリ、絞ってクッキリと、大変素晴らしいレンズです。花を撮るのによく使います。
今回のカメラ、レンズのブツ撮りにも使いました。

DSC_3813
TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] (Model A05)。
既に何年も前にディスコンになっている超広角ズームレンズ。ニコンでいうところのDタイプです。
安物だと侮るなかれ、かなり良い絵が撮れます。AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDと比べてはいけませんが、本当にこのレンズは優秀です。
ワイド端で開放F値が2.8なのもグッド。

DSC_3804
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005 II)。
Flickrで作例を見て気に入り手に入れました。ワイド端の開放F値が純正よりも少しだけ明るいのです。
描写もなかなかですが、なにより手振れ補正が強力。補正が効いている状態で構図を変えようと少しカメラをずらしても、なかなか構図が変わらないほど。

DSC_3816
SMC TAKUMAR 6×7 75mm/F4.5。
PENTAX 6×7と共に譲っていただいたレンズ。
かなりカビが生えていましたが、PENTAXのOBの技術者が立ち上げた修理屋「写真レンズ工房」にお願いしてオーバーホールしてもらったところ、すっかり綺麗に。

DSC_3815
SMC TAKUMAR 6×7 105mm/F2.4。
同じくオーバーホールしてもらい絶好調。明るいことはもちろんですが、35mm換算で焦点距離は52.5mmですので標準レンズとして最適。
よく分からないのですが、ボケ量は35mm換算だとf/1.2相当になるのかしらん?

<スピードライト>
DSC_3831
Nikon SB-700。
Nikonの調光精度は抜群ですね。純正を選んでおいて良かったと思わせてくれる一つです。
SB-910と比べて使える機能が少ないのですが、私にはこれで充分です。SB-910は大き過ぎます。

DSC_3832
Nikon SB-28。
F100用に購入したのですが、実はかなり便利なものだと最近気付きました。
と言うのも、外部自動調光が使えるのです。ガンカプラーAS-4を通じてF3に装着すると普通に発光してくれます。
ガイドナンバーも大きいのでD610等にも装着して遊んでいます。

そんなわけで、それぞれコメントを付してみましたが、こういう機会を作るのは良いですね。
道具にはそれぞれ人の思い入れがあるものです。
道具を熟知して、大切にし、今後も日常にあるささやかなドラマを撮ってゆきたいと考えています。

ニコンのローパスフィルター清掃講習会に参加した

DSC_2853

カメラのローパスフィルターにゴミ等が付着すると、撮影した画像に黒点が写るなど影響が出るので、これまで定期的にサービスセンターで清掃をお願いしてきました。
D600からD610に交換していただいたのが昨年4月で、保証期間の1年が過ぎると清掃は有償に。
そこでニコンクリーニングキットプロを購入しました。
自分で清掃できるようになれば便利だし、サービスセンターにお願いしなくて済む。なによりニコンの講習会に参加できます(クリーニングキットプロ購入が必須)。

そんなわけで先日、行って参りました。ニコンプラザ銀座へ。

IMG_8520
DSC_3652
DSC_3696
あいにく天気は大雨。寒い空気が銀座を包んでいました。
先日登場したDf ブラック Gold Editionの他、発表されたばかりのD5500を触った後に、講習会へ。
会場は1階の入り口を入って右側、普段は展示機が置かれているスペースです。

DSC_3679
DSC_3681
クリーニングキットプロはその場でも購入できるのですが、私は事前に手に入れていたので、電話で予約した際に「持参してほしい」と言われていたクリーニングスティック、ブラシ、ブロアーの3点を持って行きました。

DSC_3685
DSC_3689
大きなディスプレイに、クリーニングキットプロ付属の説明CDの内容を映して説明が進みます。
各々のテーブルの上には、予めミラーがアップされた状態で糊付けされたD70、無水エタノール(アルコール)が入れられたハンドラップ、練習用のレンズフィルターが置かれていました。

DSC_3691
スタッフによる説明。ニコンのスタッフさんは皆丁寧で親切なのですが、今回の説明もとても分かりやすかったです。
講習で一番難しかったのはクリーニングスティックにシルボン紙を巻く作業。意外とコツがいります。
詳しくはデジカメWatchの以下の記事を参照。

受講無料、ニコンの「ローパスフィルター清掃講座」体験記

DSC_3692
さて、シルボン紙が巻かれたクリーニングスティックにアルコールを浸します。
これにもコツがいり、多く付けても少なく付けてもいけません。多いとアルコールがすぐに乾かずムラが出ますし、少ないと清掃ができません。
人生何事もほどほど、ですね。

DSC_3693
最初はレンズフィルターで練習を。
まずブロアーでフィルター上のゴミを落とします。ゴミを落とさずにスティックを使って清掃を始めると、ゴミが広がってしまいますからね。
次に中心から円を描くようにスティックを回し、最後はスティックの側面を使ってそっと離します。

DSC_3694
そして、とうとうカメラのローパスフィルターを清掃。
ここまで来るとシルボン紙を巻く作業やアルコールを浸す作業も、勝手に慣れてきます。
ローパスフィルター中心部を円を描くように清掃し始め、その後センサーの形状である長方形になぞって進めます。

最後に質疑応答の時間が設けられ、いくつか質問と回答がなされた後、講習は終わりました。
参加者は私を含め5名、聴講者は1名。
対して説明スタッフは前で説明されるスタッフの他、実技の際に他のスタッフも来られて教えてくださいました。
講習会の参加が前提であるならば、クリーニングキットプロの購入をぜひオススメします。8千円以上しますが、高くないと感じました。

ところで後で気付いたのですが、私の左の左にはTwitterでお世話になっているジャッチさんが座っていたそうです。
若くてイケメンな方がいるな、と思っていたのですが、まさかTwitterでよくやり取りをする方だったとは。

DSC_3695
また、写真家の深澤武さんも講習に参加されていました。せっかくの機会ですから記念撮影をお願いしました(公開承諾済み)。
深澤武さんといえば「私のNIKKOR」第26回「20mm f/1.8。広く深く撮るための超広角。」ですね。

この動画でお別れすることにしましょう。

ニコンと大晦日

IMG_8102

大晦日ですね。
今年は赤山シュウさんと初めてお会いしたり、ニコン研究会に入会したりと、ニコンの一年だったように思います。
やはり写真やカメラに触れるのは楽しいです。
そんなわけで、家にあるニコン製品を集めて写真を撮りました。

DSC_1850

DSC_1853
ところで先日、AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDを手に入れました。
このレンズは発売当初から気になっており、発表直後に新宿ニコンで試し撮りもしていました。
軽量コンパクトで安価でありながら描写が良く、最短撮影距離も短いため常用レンズとなりそうです。

DSC_1947
先日江ノ島で、このレンズを使って手持ちで夜景を撮りました。
写真を掲載しておきます。

それでは皆さん、良いお年を。

2014年12月14日施行の総選挙で零票確認をした

投票証明書

去る総選挙の日。
早朝、父と共に投票所へ。いわゆる「零票確認」をするためです。

DSC_1782
地元の中学校体育館へ。

DSC_1787
体育館から早朝の校舎を眺める。

DSC_1792
係の方が看板を掲示。

DSC_1794
小選挙区の投票用紙。

DSC_1795
小選挙区の投票箱。写真をバシバシ撮ります。

DSC_1800
施錠されます。

DSC_1804
比例代表の投票箱。

DSC_1805
最高裁判所裁判官国民審査の投票箱。

貴重な経験をさせていただき、嬉しく思います。

ニコン研究会の撮影会と野宮真貴さんのライブ

DSC_0356

小石川植物園で行われたニコン研究会の撮影会に参加させていただきました。
園内の植物、風景を撮りました。

DSC_0367
DSC_0373
DSC_0387
DSC_0398

その後、いろいろあって、表参道のPASS THE BATONへ。
元ピチカート・ファイヴのボーカル、野宮真貴さんのイベントを観るため。

DSC_0513
イベントはファッションのお店の中で。

DSC_0522
店内はお客さんでいっぱい。

DSC_0543
DSC_0552
DSC_0573
DSC_0575

最後は動画でお楽しみください。
途中から録画を始めたので、最初のほうが少し切れています。

戸塚区原宿にできた来来亭とブロンコビリー

DSC_9387

家の近く、戸塚区原宿に来来亭とブランコビリーができました。実家マンションの隣の敷地です。
来来亭は先日オープンして、ブランコビリーは20日にオープンの予定。
先日友人と二人で、オープン初日の来来亭へ行ってきました。

DSC_9381
DSC_9389
オープン前に店員さんが円陣を組んでいました。

DSC_9391
オープン3人目の客となりました。

DSC_9394
無難にラーメンを注文。まあまあ美味しかったです。

DSC_9396
DSC_9397
オープン記念で抽選会が。ビール生中無料券をゲット。

ブロンコビリーにも、オープンしたら行ってみたいですね。
ところで店舗建設の工事前、工事中、工事後にそれぞれ写真を撮ったので、掲載しておきます。
いずれも超広角レンズを使っています。

DSC_0064
工事前に実家マンションを。

DSC_0070
マンション4階から撮った工事前の全体。

DSC_0707
工事中に実家マンションを。

DSC_0709
マンション4階から撮った工事中の全体。

DSC_9634
完成後に実家マンションを。

DSC_9633
マンション4階から撮った完成後の全体。