カテゴリー別アーカイブ: 写真

現行Fマウントニッコールレンズの最短撮影距離と最大撮影倍率まとめ(2016年11月19日現在)

DSC_5909

ニコンのレンズブランドといえばニッコール。
ニッコール千夜一夜物語はとても有名ですが、たまたま最短撮影距離と最大撮影倍率の話が掲載されたので、現行のFマウント用ニッコールレンズの最短撮影距離と最大撮影倍率をまとめてみました(随時更新)。
AF時とMF時で数値が異なる場合、ズームレンズで焦点距離ごとに数値が異なる場合、マクロモードのあるレンズの場合等は、最も被写体に寄れる際の数値を掲載しています。
順番はこちらのページによる。

レンズ名 最短撮影距離 最大撮影倍率
AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED 0.22m 0.19倍
AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED 0.3m 0.12倍
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 0.28m 0.14倍
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 0.28 0.24倍
AI AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED 0.28m 0.21倍
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED 0.28m 0.19倍
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR 0.35m 0.22倍
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR 0.38 0.21倍
AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED 0.36m 0.20倍
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 0.25m 0.38倍
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 0.25m 0.36倍
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 0.45m 0.20倍
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 0.38m 0.26倍
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR 0.38m 0.28倍
AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF 0.21m 0.50倍
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 0.38m 0.22倍
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 0.45m 0.23倍
AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II 1.1m 0.23倍
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED 1.1m 0.22倍
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR 1.4m 0.27倍
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR 1.1m 0.21倍
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 1.4m 0.11倍
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 1.0m 0.27倍
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 1.5m 0.24倍
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 1.1m 0.22倍
AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW> 1.5m 0.17倍
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 1.5m 0.19倍
AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II 1.95m 0.27倍
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 2.2m 0.22倍
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 0.45m 0.23倍
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II 0.5m 0.22倍
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR 0.48m 0.29倍
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR 0.45m 0.31倍
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR 0.5m 0.31倍
AI AF Nikkor 14mm f/2.8D ED 0.2m 0.15倍
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 0.2m 0.23倍
AI AF Nikkor 20mm f/2.8D 0.25m 0.12倍
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 0.25m 0.18倍
AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED 0.23m 0.20倍
AI AF Nikkor 24mm f/2.8D 0.3m 0.11倍
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 0.25m 0.21倍
AI AF Nikkor 28mm f/2.8D 0.25m 0.17倍
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 0.3m 0.19倍
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 0.25m 0.23倍
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 0.3m 0.16倍
AI AF Nikkor 35mm f/2D 0.25m 0.23倍
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 0.45m 0.14倍
AI AF Nikkor 50mm f/1.4D 0.45m 0.14倍
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) 0.45m 0.15倍
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 0.45m 0.15倍
AI AF Nikkor 50mm f/1.8D 0.45m 0.15倍
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 0.58m 0.12倍
AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G 0.85m 0.11倍
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G 0.8m 0.12倍
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED 1.0m 0.13倍
AI AF DC-Nikkor 105mm f/2D 0.9m 0.13倍
AI AF DC-Nikkor 135mm f/2D 1.1m 0.13倍
AI AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED 1.5m 0.15倍
AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II 1.9m 0.12倍
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II 2.2m 0.16倍
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 1.4m 0.24倍
AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED 1.45m 0.27倍
AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR 2.6m 0.17倍
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR 3.6m 0.15倍
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR 4.4m 0.14倍
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR 5.8m 0.15倍
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G 0.163m 1.00倍
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR 0.286m 1.00倍
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D 0.219m 1.00倍
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 0.185m 1.00倍
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 0.314m 1.00倍
AI AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED 0.5m 1.00倍
PC NIKKOR 19mm f/4E ED 0.25m 0.18倍
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 0.21m 0.36倍
PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED 0.253m 0.50倍
PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D 0.39m 0.50倍
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED 0.14m 0.20倍
AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 0.25m 0.09倍
AI Nikkor 20mm f/2.8S 0.25m 0.12倍
AI Nikkor 24mm f/2.8S 0.3m 0.11倍
AI Nikkor 28mm f/2.8S 0.2m 0.25倍
AI Nikkor 35mm f/1.4S 0.3m 0.17倍
AI Nikkor 50mm f/1.2S 0.5m 0.12倍
AI Nikkor 50mm f/1.4S 0.45m 0.14倍
AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8S 0.25m 0.51倍
AI Micro-Nikkor 105mm f/2.8S 0.41m 0.50倍

マイクロレンズや、マクロモードのあるAI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFが寄れるのは当たり前ですが、AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRが奮闘していて面白いですね。
ニコンの佐藤治夫氏によると「キットレンズはよく写らないと思われるかもしれませんが、実はその逆で、かなり気合いを入れてつくっています」「キット用のレンズは一番難しいレンズで、ベテランが設計を担当します」とのことですから、一眼レフカメラ初心者にこそ、このレンズはオススメですね。

ニコンのエーアイレンズの正式表記は小文字もある「Ai」か大文字だけの「AI」か

Aiロゴ

ニコンにはAiレンズまたはAi-Sレンズというものがあり、その派生としてAi AF〜DレンズやAi AF-S〜Dレンズというものもあります。
このAiとは「Automatic Maximum Aperture Indexing(開放F値自動補正)」という意味です(詳しくはリンク先へ)。

そんなAiレンズ、冒頭に載せたロゴもちゃんと存在しており、かつてはレンズの箱や説明書にもロゴが印字されていました。
ニッコールレンズ総合カタログでも「Ai」ロゴが使用されています。
ところが最近は「Ai」ではなく「AI」表記を目にします。現行レンズの紹介サイトは、レンズ名表記が「AI」で統一されているのです。
不思議なのはニッコール千夜一夜物語で、こちらは「Ai」と「AI」が混在している状況。

そこで先日、ニコンカスタマーサポートセンターに電話して、正式表記はどちらなのか尋ねてみました。
センターの方によると、

・かつてはAiロゴが使われていた
・インターネットが普及しだしてからテキストを使うようになり、次第にロゴを使わずAIへ変わっていった
・ニコンとして正式な決定がなされたわけではなさそう
・現時点での正式表記は大文字の「AI」である

とのこと。

したがって、過去の文脈で使う場合は「Ai」が正しいけれども、現行レンズ(AIが付くレンズは現在25本ある)を指す場合等は「AI」を使うほうが妥当かもしれませんね。

現行Fマウントニッコールレンズのグラム単価まとめ(2016年11月19日現在)

DSC_8271

ニコンのレンズブランドといえばニッコール。
このうち、現行のFマウント用ニッコールレンズのグラム単価をまとめてみました(随時更新)。
価格は税込み。端数は切り捨て。順番はこちらのページによる。

レンズ名 希望小売価格 質量 グラム単価
AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED 129,600円 460g 281円/g
AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED 180,900円 465g 389円/g
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 302,400円 970g 311円/g
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 172,800円 680g 254円/g
AI AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED 270,000円 745g 362円/g
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED 108,000円 385g 280円/g
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR 135,000円 480g 281円/g
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR 110,700円 485g 228円/g
AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED 248,400円 755g 329円/g
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 40,500円 205g 197円/g
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 40,500円 195g 207円/g
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 72,900円 420g 173円/g
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 288,900円 900g 321円/g
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR 310,500円 1070g 290円/g
AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF 105,300円 545g 193円/g
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 83,700円 465g 180円/g
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 172,800円 710g 243円/g
AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II 48,600円 300g 162円/g
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED 51,300円 335g 153円/g
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR 54,000円 530g 101円/g
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR 359,100円 1430g 251円/g
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 334,800円 1540g 217円/g
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 210,600円 850g 247円/g
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 86,400円 745g 115円/g
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 51,300円 415g 123円/g
AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW> 189,000円 1300g 145円/g
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 345,600円 1570g 220円/g
AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II 1,112,400円 3360g 331円/g
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 189,000円 2300g 82円/g
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 78,300円 490g 159円/g
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II 118,800円 565g 210円/g
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR 108,000円 550g 196円/g
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR 151,200円 830g 182円/g
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR 143,100円 800g 178円/g
AI AF Nikkor 14mm f/2.8D ED 267,300円 670g 398円/g
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 113,400円 355g 319円/g
AI AF Nikkor 20mm f/2.8D 89,100円 270g 330円/g
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 307,800円 620g 496円/g
AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED 99,900円 355g 281円/g
AI AF Nikkor 24mm f/2.8D 59,400円 270g 220円/g
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 99,900円 330g 302円/g
AI AF Nikkor 28mm f/2.8D 45,900円 205g 223円/g
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 259,200円 600g 432円/g
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 81,000円 305g 265円/g
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 37,800円 200g 189円/g
AI AF Nikkor 35mm f/2D 48,600円 205g 237円/g
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 70,200円 280g 250円/g
AI AF Nikkor 50mm f/1.4D 45,900円 230g 199円/g
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) 35,100円 190g 184円/g
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 35,100円 185g 189円/g
AI AF Nikkor 50mm f/1.8D 27,000円 155g 174円/g
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 226,800円 385g 589円/g
AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G 253,800円 595g 426円/g
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G 72,900円 350g 208円/g
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED 259,200円 985g 263円/g
AI AF DC-Nikkor 105mm f/2D 159,300円 640g 248円/g
AI AF DC-Nikkor 135mm f/2D 183,600円 815g 225円/g
AI AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED 129,600円 760g 170円/g
AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II 912,600円 2930g 311円/g
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II 810,000円 2900g 279円/g
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 267,300円 755g 354円/g
AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED 199,800円 1440g 138円/g
AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR 1,622,700円 3800g 427円/g
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR 1,296,000円 3090g 419円/g
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR 1,593,000円 3810g 418円/g
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR 2,311,200円 4590g 503円/g
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G 43,200円 235g 183円/g
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR 78,300円 355g 220円/g
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D 70,200円 440g 159円/g
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 94,500円 425g 222円/g
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 132,300円 750g 176円/g
AI AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED 237,600円 1190g 199円/g
PC NIKKOR 19mm f/4E ED 442,800円 885g 500円/g
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 334,800円 730g 458円/g
PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED 340,200円 740g 459円/g
PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D 340,200円 635g 535円/g
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED 110,700円 305g 362円/g
AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 121,500円 290g 418円/g
AF-S TELECONVERTER TC-20E III 75,600円 330g 229円/g
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II 62,100円 250g 248円/g
AF-S TELECONVERTER TC-14E III 72,900円 190g 383円/g
AI Nikkor 20mm f/2.8S 110,700円 260g 425円/g
AI Nikkor 24mm f/2.8S 75,600円 260g 290円/g
AI Nikkor 28mm f/2.8S 67,500円 250g 270円/g
AI Nikkor 35mm f/1.4S 118,800円 400g 297円/g
AI Nikkor 50mm f/1.2S 81,000円 360g 225円/g
AI Nikkor 50mm f/1.4S 59,400円 250g 237円/g
AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8S 62,100円 290g 214円/g
AI Micro-Nikkor 105mm f/2.8S 126,900円 515g 246円/g

以上より、グラムあたりの価格で最も安いレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRであることが分かった。
そして、グラムあたりの価格で最も高いレンズはAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gであることが分かった。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはとてもお買い得だから、買った方が良さそうだ。
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gはギッシリ身が詰まっているとも言えるから、これもオススメですね。

今年導入したカメラ関係の機材を振り返る

PC281049

1.はじめに

2015年も間もなく終わります。
今年はニコンミュージアムの第一号入館者になったり、フォトマスター検定1級に合格したりと、いろいろありました。
年末ですから今年導入したカメラ関係の機材を振り返っておきます。

まず、今年導入して今も使っている(今後も使うであろう)機材は、
・Nikon D4
・Nikon F-501
・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
・AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
・AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
・Ai Nikkor 45mm f/2.8P
・Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
・SB-910
の八つ。

次に、今年導入して既に売却した機材は、
・AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
・AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
の二つ。

それぞれ写真を載せて若干の感想を記します。

2.今年導入して今も使っている(今後も使うであろう)機材

P9020830
Nikon D4
いつかはフラッグシップ、ということで以前から憧れていたカメラ。
あれこれ下取りに出して購入できました。
高感度、高速連写に強い最高のカメラですね。

IMG_9685
Nikon F-501
ニコン研究会の会員の方から譲っていただいたフィルムカメラ。
ニコン初の本格的AFカメラです(F3AFは試験的な機種ですからね)。
まだフィルムを詰めていないので、そろそろ試したいと考えています。

DSC_2636
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
原田壮基さんが光学設計を担当された、現時点で世界最高の性能を誇る大口径標準ズームレンズ。
旧型も使っていましたが、やはり手振れ補正機能が付いた新型は凄いです。

DSC_1743
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
佐藤治夫さんが光学設計を担当された大口径広角単焦点レンズ。
以前ニコンの撮影ツアーでお借りして使ったことがあったのですが、購入して使ってみて、改めて画角の丁度良さと素敵なボケ味に虜になっております。
写真家の赤山シュウさんにオススメされて手に入れました。

DSC_0296
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
これまた佐藤治夫さんが光学設計を担当された大口径標準単焦点レンズ。
史上最高のポートレート、夜景描写性能を誇る素晴らしいレンズです。Noct Nikkorの思想を受け継ぐ、というのも頷けます。
無人島にレンズを一本だけ持って行ける、ということになったらこれを選びます。

DSC_5186
Ai Nikkor 45mm f/2.8P
大下孝一さんが光学設計を担当されたパンケーキレンズ。
前々からパンケーキレンズが欲しかったのですが、付属品一式が揃った黒色の新品同様品を見つけたので、ついつい手に入れてしまいました。
この軽さ、そして素晴らしい写り。ニコンさんにはぜひとも、この後継のAFパンケーキレンズを出していただきたいですね。

IMG_9682
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
F-501に合うレンズはDタイプの50mmではなかろうか、と思って導入。
小型軽量で抜群に写る伝統の50mm/F1.4です。

IMG_9146
SB-910
SB-700も使っていたのですが、より光量のあるスピードライトが必要になり導入。
結局ボディが一台だけになったので、SB-700等は手放してSB-910に統一しました。
これさえあればライティングはバッチリという安心感があります。

3.今年導入して既に売却した機材

DSC_5940
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
キャッシュバックにつられて購入。
さすがニッコールのマイクロレンズ、切れ味抜群です。
気に入っていたのですが、マイクロレンズはニコンおもしろレンズ工房のぐぐっとマクロがある為、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G購入の際に下取りとして売却しました。

IMG_9391
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
ニコンの1.8Gシリーズの一つで、素晴らしい性能を誇る中望遠単焦点レンズ。
85mmはポートレート以外にも花の撮影などで使える、良い焦点距離ですね。
58mm購入の際に、85mmの必要性を失った為、手放してしまいました。

4.おわりに

最近夜景を撮りに行き、超広角レンズの必要性を痛感しました。
来年は必要な画角を自分できちんと把握して、機材を充実させてゆきたいと考えています。

Nikon D4の第一印象

P8230825

デジタル一眼レフカメラを一台に統一しよう、と考えて、Nikon D4の中古美品をMap Cameraで購入しました。
D4を選んだ理由は、さすがにD4Sは手が出なかったのと、D4でも十分な気がしたから。
D800やD610を下取りに出しましたので、負担はそこまでではなかったです。

他のカメラをいろいろ使ってきた中での、D4に対する第一印象は
・大きくて重たいはずなのに、持ちやすい
・AF-ONボタンを押してからAFが動き出すまでの初速が、他の機種に比べて速い
・ボタン配置が秀逸
・各々の動作がストレスなくできる
まあ、こんな感じでしょうか。

いくつか写真を撮りましたので、掲載しておきます。

DSC_0079
沼津港深海水族館にて。動き物に強い。

DSC_0182
ISO4000でも全く破綻しない高感度。ビールを撮るのにも役立ちます。

また近いうちにレビューを載せようと思います。

「私のNIKKOR」冊子の表紙に載っているレンズ構成図のレンズは何か(Vol.1〜2対応)

IMG_9222

「私のNIKKOR」というNikonのレンズ紹介コンテンツがあり、毎月20日に更新されています。カメラ雑誌にも毎月掲載中。
写真家の皆さんがNikonのどのレンズを選び、どんな写真を撮ったのか。毎回、ワクワクしながら楽しんでいます。
写真と文章の他にインタビュー動画もあり、これも面白いです。

そんな「私のNIKKOR」ですが、冊子版も存在します。ウェブ上のものをまとめた形。
ちょっとした写真集+レンズのカタログ、といったところでしょうか。ニコンプラザで手に入れることができます。
Vol.1(とは記されていませんが、便宜上そう呼びましょう)は昨年のCP+で手に入れたのですが、最近Vol.2が登場したことを知り、手に入れました。
Vol.1はコンテンツの第1回から第15回まで。Vol.2は第16回から第30回までが掲載されています。

家でパラパラと冊子版を読んでいると、表紙のレンズ構成図がVol.1と2で異なっていることに気が付きました。
はたして、この構成図のレンズは何か。調べてみました。

まずVol.1の冊子。
NIKKOR1
これはAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gでした。
5814
点光源の描写とボケ味にこだわった名玉です。私もいつか欲しいレンズ。

次にVol.2の冊子。
NIKKOR2
これはAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRでした。
3004
PF(位相フレネル)レンズを採用して軽量化、小型化を実現した望遠単焦点レンズで、簡単に手持ち撮影が可能でありながら切れ味抜群。

それぞれ、冊子の中で紹介されているレンズです。表紙にするということは、Nikonとしてアピールしているレンズとも言えましょう。
レンズ構成図を眺めて光学を考えるのも面白いなと、調べながら思った次第です。

最近撮った写真など

DSC_0010 - バージョン 1

ここ数日、いくつか写真を撮って、SNS等に投稿しました。
まとめの意味を込めて、この場に掲載しておきます。

冒頭の写真は写真家の赤山シュウさん小林幹幸さんのツーショット。先日、お会いする機会がありました。
小林さんプロデュースのカメラバッグを触らせていただきましたが、とても良い作りでした。

IMG_8908
続いてニコン研究会での一枚。
赤山さん、小林さんの写真も載っている「フォトテクニックデジタル」2015年4月号と共に、オリンパスのペンが並びました。

DSC_5404
DSC_5394
3月24日は戸塚アンダーパス開通記念式典。
ウォーキングイベントと称して、アンダーパスを歩くイベントです。
戸塚区のマスコットキャラクター「ウナシー」もいましたよ。

DSC_5415
DSC_5416
DSC_5426
翌25日はまず、戸塚区総合庁舎での上矢部高校文化部合同展へ。
写真部OBですから、まずは写真部の展示を。なかなか良かったです。
文芸部は賞を受賞されたそうです。

DSC_5493
DSC_5439
DSC_5494
DSC_5554
DSC_5570
続いて戸塚アンダーパス開通、戸塚大踏切閉鎖の現場へ。
開通直後、私もバイクで通りました。便利になりそうですね。
踏切では別れを惜しむ方が多く集まりました。その中には地元選出の元法務大臣、田中慶秋さんも。
最後に踏切を歩いて渡ろう、写真を撮ろう、という方が多くて、警察官や駅員さんの警備が厳重でした。

まあ最近は、こんな感じです。

Nikon D750、D610、D7100の怠惰な使い方

DSC_0016

私はNikonのD610というデジタル一眼レフカメラを使っているのですが、もともと怠惰な性格なので、いかに楽をしてカメラを使うかよく考えています。
私がこれまで撮影してきた中で、この方法を使えば楽だと思える方法をいくつか見つけましたので、この場で紹介しておきます。
なお、操作系が同様のD750やD7100、旧機種にも当てはまるでしょう。

1、親指AF設定時にカメラに詳しくない人へカメラを渡して写真を撮ってもらう方法
参考:気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート ニコンD600【第5回】 ユーザーセッティングとマイメニューは使い勝手の肝だと思う

DSC_0011

Nikon D750、D610、D7100の背面上部にはAE-L・AF-Lボタンがあります。
ふだん親指AFの設定をしている方は、設定のf4(D610の場合)で「AF-ON」にチェックを入れて、AE-L・AF-LボタンでAFを作動させているはずです。
D600、D610、D750は独自のAF-ONボタンがないから、このようにして、AE-Lはシャッターボタンに割り当てている方が多いのでは。

この設定のまま観光地で撮影していて、自分も被写体になりたいと思って人にカメラを渡すとき、いちいちAF関係をいじるのは無粋です。
パッとカメラを渡してサッと自分(たち)を撮ってもらいたい。

そんな時に使えるのが軍艦部右側(背面から見ると左側)にある撮影モードダイヤルのU1、U2ダイヤル。
ユーザーセッティングのダイヤルです。
あらかじめシャッターボタンにAF、レリーズ両方の機能を割り当てておき(半押ししてAF、全押ししてレリーズ)、その設定をユーザーセッティングに登録します。
U1はAモード(絞り優先)、U2はMモード(マニュアル)にしておく、というのも手です。

DSC_0024

そしてカメラを人に渡す際、ダイヤルをU1またはU2にして、最後にLvボタン(ライブビューボタン)を押すと……。
なんと、なんちゃってコンデジスタイルとなります。
「画面見てシャッターボタン押すだけで撮れます」と言って撮影を頼むことができるようになります。
ファインダーのあるカメラに慣れていない人にも、簡単に説明することが可能。

これより上位の機種にも下位の機種にもユーザーセッティングのダイヤルが無いため、上記機種のユーザーだけが使えるたいへん便利な機能です。

2、リモートコードを使わずにミラーショックを抑えて撮影する方法

DSC_0012

「露出ディレーモード」(D610の場合、設定のd10)を使います。
これだけです。ブツ撮りに有効です。
シャッターボタンを押すとミラーがアップして、設定した時間(1秒、2秒、3秒)が経過したらシャッター幕が開いて露光が始まります。
露光が終わるとシャッター幕が降りると同時にミラーも下がります。

セルフタイマーだとミラーがアップすると同時に露光が始まるので、ミラーショックが抑えられません。
ライブビューにしてセルフタイマーで撮影しても同じ、といったらそうですが、ライブビューを使わない時もありますからね。

3、SDカードを素早くフォーマットする方法

DSC_0013
DSC_0015

削除ボタンと測光モードボタンを御覧ください。ボタンの横に「FORMAT」という赤い文字がありますね。
これらのボタンを同時に数秒押すと、表示パネルに「For」の文字が表示され、その後また同じボタンを同時に押すとSDカードのフォーマットができるのです。

SDカードが2枚入る機種では、メインコマンドダイヤル(背面側のダイヤル)でフォーマットするSDカードが選択できます。
SDカードは撮影する前にデータを削除すれば良い、というわけではなく、いったん写真を取り込んでから新たに撮影する際には、改めてフォーマットしたほうが良いと聞いたことがあります。
この方法を使えばメニュー画面を操作することなく、フォーマットが可能です。

DSC_0019
DSC_0020

4、イメージセンサークリーニングを起動しないでセンサーのゴミをブロアーで落とす方法

DSC_0026

セットアップメニューの「イメージセンサークリーニング」は電池残量が少ないと起動しません。
センサークリーニング作業中にシャッター幕が降りてミラーが下がることを防止するためです。
ただ、電池残量が少ない時に、ちょっと目立つゴミをブロアーで落としたい、という時は困ります。

そこでLvボタン(ライブビューボタン)を使うと、センサーが露出するので、ちょっとブロアーを使う程度の時に役立ちます。
決して本格的な清掃をしてはいけません。いつ電池が切れてミラーが落ちてくるか分からないからです。
ブロアーでシュポシュポしたい時だけ、この技が使えます。

ライブビュー時はセンサーが帯電しているため、小さなゴミが逆に付着するかもしれません。
大きなゴミを落としたい時だけ、ボディを下に向けてブロアーを使うのがよろしいでしょう。

私の場合、いちいちメニューボタンを押してイメージセンサークリーニングを起動するのが面倒なので、日常点検ではライブビューにしてブロアーでセンサーのゴミを落とします。これでだいたい落ちますし、本格的に清掃するときは充電された電池を使ってイメージセンサークリーニングを起動します。

5、おわりに
いずれも説明書には書いてあるのでしょうが、実際に使っていて楽だなあ、と思った事柄を記しました。
今後も使ってゆく中で楽な使い方を見つけると思いますので、この投稿は随時更新してゆこうと考えております。

2015/02/25追記:「4、イメージセンサークリーニングを起動しないでセンサーのゴミをブロアーで落とす方法」を追加

2015/02/26追記:ユーザーセッティングのダイヤルとライブビューのボタン画像を追加

Nikon角窓ファインダー機の丸窓化方法

DSC_0022

TwitterでNikon D600、D610、D750のファインダーを丸窓化する方法を知ったので、他の機種も含めて、説明ブログを参照しつつこの場でまとめておきます。

1、はじめに
まず、Nikonの現行機種でファインダーが丸窓になっているのは、
・D4S
・D810
・D810A
・Df
の4機種。

逆に角窓なのは、
・D750
・D610
・D7100
・D5500
・D5300
・D3300
の6機種。

これから触れるのは角窓6機種(他に旧機種も)についてです。
私が手に入れていない部品についても触れますが、その点は自分の丸窓化体験の他、仕様を調べた上での憶測が含まれています。

2、DK-17Mを装着する場合
参考:Nikon D600 丸窓化 – Trace of hobby

丸窓4機種にはファインダー倍率が1.2倍になるマグニファイングアイピースDK-17Mがそのまま付けられますが、角窓6機種にはそのままでは装着不可能。
そこで第1に、丸窓化した上でDK-17Mを付けたいという需要があります。ファインダーを覗くと見やすくなりますからね。

この方法をとるには、付属の接眼目当てを取り外した上で、以下の各部品を装着する方法が有効です。

方法1:TENPA MEA-NとNikon純正DK-17Mを装着
方法2:TENPA MEA-CNとNikon純正DK-17Mを装着

TENPAのMEA-N、MEA-CNはアダプターで、ファインダーに装着するとDK-17Mが付けられるようになります。
焦点工房楽天市場店に極稀に入荷されているようです。
このうちTENPA MEA-Nはほんの少し幅広、TENPA MEA-CNは少しきつきつな仕様(おそらく)。

ファインダー部分の幅が若干広いD750、D610、D7100(?)系統はMEA-N、MEA-CN共に装着可能。
MEA-Nはピッタリ、MEA-CNはきつめにガッチリと装着されるはずです(おそらく)。

逆にD5500、D5300、D3300系統はファインダー部分の幅が若干狭いのでMEA-CNのみ装着可能。
MEA-Nではスカスカになってしまいます(おそらく)。

以上よりファインダーが丸窓化されます。
その上で遮光性に優れた接眼目当てDK-3、DK-19等が装着可能。

ところでTENPAのMEA-N、MEA-CNは単品で入荷されることがほとんど無いため、どうしても丸窓化したい場合はTENPA GOLDEN EYEを購入されるのがよろしいでしょう。
こちらはTENPAのMEA-N、MEA-CN等の他に、1.22倍または1.36倍のアイピースもセットになっております。その分、けっこうなお値段ですが。

3、単純に丸窓化したい場合
参考:GANREF | D600のファインダーを丸窓化してみた

第2として、単純に丸窓化して格好つけたい、という需要も存在します(笑)
Nikonといえば丸窓、という考え方ですね。
また私のようにメガネをかけていたり、縦構図だったりすると角窓は見づらい、という方もおられることでしょう。

この方法をとるには、付属の接眼目当てを取り外した上で、以下の各部品を装着する方法が有効です。

方法3:Nikon純正DK-22とNikon純正FAアイピースを装着
方法4:Nikon純正DK-22とNikon純正F3アイピースを装着

DK-22はアダプターで、ファインダーに装着すると上記アイピースが付けられるようになります。
少しきつきつな仕様なので、どの機種でも装着可能です。
FAアイピースは枠が薄め、F3アイピースは枠が厚め。ここらへんは好みで良いでしょう。

以上よりファインダーが丸窓化されます。
その上で遮光性に優れた接眼目当てDK-3、DK-19等が装着可能。

4、おわりに
DSC_0006

私は最初、TENPAのアダプターを手に入れてDK-17Mを付けたかったのですが、アダプターがなかなか手に入らなかったので、DK-22とF3アイピースをD610に装着しました。
ファインダー倍率は変わりませんが、丸窓化されたことによりメガネ着用でもファインダーが覗きやすくなった気がします。
付属の接眼目当てDK-21が厚すぎたため、少し薄くなったことも良い効果を生んでいるのでしょう。
縦構図でも見やすく、あまりケラレもありません。
D3300にはDK-22、FAアイピースを装着して軽快なファインダーにしました。
しばらくこれで撮影しようと考えています。

CP+へ行ってきた

DSC_4492

日曜日、CP+へ行ってきました。
家からバイクで向かい、会場(パシフィコ横浜)の地下にある駐輪場にバイクをとめました。

IMG_8773
IMG_8774
会場直結だし安いので、ここはオススメです。

DSC_4504
DSC_4508
DSC_4506
まずニコンのブースへ。本田翼かわいいですね。そしてニコンちゃん、もっとかわいいです。

DSC_4509
リコーのブースへ。ペンタックスのシールをいただきました。

DSC_4515
シグマのブースへ。山木社長がいらっしゃったので、写真を撮らせていただきました。

DSC_4529
ソニーのブースには鉄道写真で有名な中井精也さんがおりました。

いろいろと楽しむことができました。
また来年も行きたいと思います。