作成者別アーカイブ: 富永 広紀

現行Fマウントニッコールレンズの最短撮影距離と最大撮影倍率まとめ(2017年5月31日現在)

DSC_5909

ニコンのレンズブランドといえばニッコール。
ニッコール千夜一夜物語はとても有名ですが、たまたま最短撮影距離と最大撮影倍率の話が掲載されたので、現行のFマウント用ニッコールレンズの最短撮影距離と最大撮影倍率をまとめてみました(随時更新)。
AF時とMF時で数値が異なる場合、ズームレンズで焦点距離ごとに数値が異なる場合、マクロモードのあるレンズの場合等は、最も被写体に寄れる際の数値を掲載しています。
順番はこちらのページによる。

レンズ名 最短撮影距離 最大撮影倍率
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 0.22m 0.17倍
AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED 0.22m 0.19倍
AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED 0.3m 0.12倍
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 0.28m 0.14倍
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 0.28 0.24倍
AI AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED 0.28m 0.21倍
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED 0.28m 0.19倍
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR 0.35m 0.22倍
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR 0.38 0.21倍
AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED 0.36m 0.20倍
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 0.25m 0.38倍
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 0.25m 0.36倍
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 0.45m 0.20倍
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR 0.38m 0.28倍
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 0.38m 0.26倍
AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF 0.21m 0.50倍
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 0.38m 0.22倍
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 0.45m 0.23倍
AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II 1.1m 0.23倍
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR 1.4m 0.27倍
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR 1.1m 0.21倍
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 1.4m 0.11倍
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 1.0m 0.27倍
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 1.5m 0.24倍
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 1.1m 0.22倍
AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW> 1.5m 0.17倍
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 1.5m 0.19倍
AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II 1.95m 0.27倍
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 2.2m 0.22倍
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 0.45m 0.23倍
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II 0.5m 0.22倍
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR 0.45m 0.31倍
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR 0.48m 0.29倍
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR 0.5m 0.31倍
AI AF Nikkor 14mm f/2.8D ED 0.2m 0.15倍
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 0.2m 0.23倍
AI AF Nikkor 20mm f/2.8D 0.25m 0.12倍
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 0.25m 0.18倍
AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED 0.23m 0.20倍
AI AF Nikkor 24mm f/2.8D 0.3m 0.11倍
AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED 0.28m 0.17倍
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 0.25m 0.21倍
AI AF Nikkor 28mm f/2.8D 0.25m 0.17倍
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 0.3m 0.19倍
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 0.25m 0.23倍
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 0.3m 0.16倍
AI AF Nikkor 35mm f/2D 0.25m 0.23倍
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 0.45m 0.14倍
AI AF Nikkor 50mm f/1.4D 0.45m 0.14倍
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) 0.45m 0.15倍
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 0.45m 0.15倍
AI AF Nikkor 50mm f/1.8D 0.45m 0.15倍
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 0.58m 0.12倍
AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G 0.85m 0.11倍
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G 0.8m 0.12倍
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED 1.0m 0.13倍
AI AF DC-Nikkor 105mm f/2D 0.9m 0.13倍
AI AF DC-Nikkor 135mm f/2D 1.1m 0.13倍
AI AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED 1.5m 0.15倍
AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II 1.9m 0.12倍
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II 2.2m 0.16倍
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 1.4m 0.24倍
AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED 1.45m 0.27倍
AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR 2.6m 0.17倍
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR 3.6m 0.15倍
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR 4.4m 0.14倍
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR 5.8m 0.15倍
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G 0.163m 1.00倍
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D 0.219m 1.00倍
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 0.185m 1.00倍
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR 0.286m 1.00倍
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 0.314m 1.00倍
AI AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED 0.5m 1.00倍
PC NIKKOR 19mm f/4E ED 0.25m 0.18倍
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 0.21m 0.36倍
PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED 0.253m 0.50倍
PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D 0.39m 0.50倍
AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED 0.16m 0.34倍
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED 0.14m 0.20倍
AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 0.25m 0.09倍
AI Nikkor 20mm f/2.8S 0.25m 0.12倍
AI Nikkor 24mm f/2.8S 0.3m 0.11倍
AI Nikkor 28mm f/2.8S 0.2m 0.25倍
AI Nikkor 35mm f/1.4S 0.3m 0.17倍
AI Nikkor 50mm f/1.2S 0.5m 0.12倍
AI Nikkor 50mm f/1.4S 0.45m 0.14倍
AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8S 0.25m 0.51倍
AI Micro-Nikkor 105mm f/2.8S 0.41m 0.50倍

マイクロレンズや、マクロモードのあるAI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFが寄れるのは当たり前ですが、AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRが奮闘していて面白いですね。
ニコンの佐藤治夫氏によると「キットレンズはよく写らないと思われるかもしれませんが、実はその逆で、かなり気合いを入れてつくっています」「キット用のレンズは一番難しいレンズで、ベテランが設計を担当します」とのことですから、一眼レフカメラ初心者にこそ、このレンズはオススメですね。

ニコンのエーアイレンズの正式表記は小文字もある「Ai」か大文字だけの「AI」か

Aiロゴ

ニコンにはAiレンズまたはAi-Sレンズというものがあり、その派生としてAi AF〜DレンズやAi AF-S〜Dレンズというものもあります。
このAiとは「Automatic Maximum Aperture Indexing(開放F値自動補正)」という意味です(詳しくはリンク先へ)。

そんなAiレンズ、冒頭に載せたロゴもちゃんと存在しており、かつてはレンズの箱や説明書にもロゴが印字されていました。
ニッコールレンズ総合カタログでも「Ai」ロゴが使用されています。
ところが最近は「Ai」ではなく「AI」表記を目にします。現行レンズの紹介サイトは、レンズ名表記が「AI」で統一されているのです。
不思議なのはニッコール千夜一夜物語で、こちらは「Ai」と「AI」が混在している状況。

そこで先日、ニコンカスタマーサポートセンターに電話して、正式表記はどちらなのか尋ねてみました。
センターの方によると、

・かつてはAiロゴが使われていた
・インターネットが普及しだしてからテキストを使うようになり、次第にロゴを使わずAIへ変わっていった
・ニコンとして正式な決定がなされたわけではなさそう
・現時点での正式表記は大文字の「AI」である

とのこと。

したがって、過去の文脈で使う場合は「Ai」が正しいけれども、現行レンズ(AIが付くレンズは現在25本ある)を指す場合等は「AI」を使うほうが妥当かもしれませんね。

現行Fマウントニッコールレンズのグラム単価まとめ(2017年5月31日現在)

DSC_8271

ニコンのレンズブランドといえばニッコール。
このうち、現行のFマウント用ニッコールレンズのグラム単価をまとめてみました(随時更新)。
価格は税込み。端数は切り捨て。順番はこちらのページによる。

レンズ名 希望小売価格 質量 グラム単価
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 44,820円 230g 194円/g
AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED 129,600円 460g 281円/g
AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED 180,900円 465g 389円/g
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 302,400円 970g 311円/g
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 172,800円 680g 254円/g
AI AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED 270,000円 745g 362円/g
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED 108,000円 385g 280円/g
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR 135,000円 480g 281円/g
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR 110,700円 485g 228円/g
AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED 248,400円 755g 329円/g
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 40,500円 205g 197円/g
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 40,500円 195g 207円/g
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 72,900円 420g 173円/g
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR 310,500円 1070g 290円/g
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 288,900円 900g 321円/g
AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF 105,300円 545g 193円/g
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 83,700円 465g 180円/g
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 172,800円 710g 243円/g
AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II 48,600円 300g 162円/g
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR 54,000円 530g 101円/g
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR 359,100円 1430g 251円/g
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 334,800円 1540g 217円/g
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 210,600円 850g 247円/g
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 86,400円 745g 115円/g
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 51,300円 415g 123円/g
AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW> 189,000円 1300g 145円/g
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 345,600円 1570g 220円/g
AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II 1,112,400円 3360g 331円/g
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 189,000円 2300g 82円/g
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 78,300円 490g 159円/g
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II 118,800円 565g 210円/g
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR 151,200円 830g 182円/g
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR 108,000円 550g 196円/g
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR 143,100円 800g 178円/g
AI AF Nikkor 14mm f/2.8D ED 267,300円 670g 398円/g
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 113,400円 355g 319円/g
AI AF Nikkor 20mm f/2.8D 89,100円 270g 330円/g
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 307,800円 620g 496円/g
AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED 99,900円 355g 281円/g
AI AF Nikkor 24mm f/2.8D 59,400円 270g 220円/g
AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED 266,760円 645g 413円/g
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 99,900円 330g 302円/g
AI AF Nikkor 28mm f/2.8D 45,900円 205g 223円/g
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 259,200円 600g 432円/g
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 81,000円 305g 265円/g
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 37,800円 200g 189円/g
AI AF Nikkor 35mm f/2D 48,600円 205g 237円/g
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 70,200円 280g 250円/g
AI AF Nikkor 50mm f/1.4D 45,900円 230g 199円/g
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) 35,100円 190g 184円/g
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 35,100円 185g 189円/g
AI AF Nikkor 50mm f/1.8D 27,000円 155g 174円/g
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 226,800円 385g 589円/g
AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G 253,800円 595g 426円/g
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G 72,900円 350g 208円/g
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED 259,200円 985g 263円/g
AI AF DC-Nikkor 105mm f/2D 159,300円 640g 248円/g
AI AF DC-Nikkor 135mm f/2D 183,600円 815g 225円/g
AI AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED 129,600円 760g 170円/g
AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II 912,600円 2930g 311円/g
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II 810,000円 2900g 279円/g
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 267,300円 755g 354円/g
AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED 199,800円 1440g 138円/g
AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR 1,622,700円 3800g 427円/g
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR 1,296,000円 3090g 419円/g
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR 1,593,000円 3810g 418円/g
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR 2,311,200円 4590g 503円/g
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G 43,200円 235g 183円/g
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D 70,200円 440g 159円/g
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 94,500円 425g 222円/g
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR 78,300円 355g 220円/g
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 132,300円 750g 176円/g
AI AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED 237,600円 1190g 199円/g
PC NIKKOR 19mm f/4E ED 442,800円 885g 500円/g
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 334,800円 730g 458円/g
PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED 340,200円 740g 459円/g
PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D 340,200円 635g 535円/g
AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED 164,700円 485g 339円/g
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED 110,700円 305g 362円/g
AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 121,500円 290g 418円/g
AF-S TELECONVERTER TC-20E III 75,600円 330g 229円/g
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II 62,100円 250g 248円/g
AF-S TELECONVERTER TC-14E III 72,900円 190g 383円/g
AI Nikkor 20mm f/2.8S 110,700円 260g 425円/g
AI Nikkor 24mm f/2.8S 75,600円 260g 290円/g
AI Nikkor 28mm f/2.8S 67,500円 250g 270円/g
AI Nikkor 35mm f/1.4S 118,800円 400g 297円/g
AI Nikkor 50mm f/1.2S 81,000円 360g 225円/g
AI Nikkor 50mm f/1.4S 59,400円 250g 237円/g
AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8S 62,100円 290g 214円/g
AI Micro-Nikkor 105mm f/2.8S 126,900円 515g 246円/g

以上より、グラムあたりの価格で最も安いレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRであることが分かった。
そして、グラムあたりの価格で最も高いレンズはAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gであることが分かった。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはとてもお買い得だから、買った方が良さそうだ。
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gはギッシリ身が詰まっているとも言えるから、これもオススメですね。

今年導入したカメラ関係の機材を振り返る

PC281049

1.はじめに

2015年も間もなく終わります。
今年はニコンミュージアムの第一号入館者になったり、フォトマスター検定1級に合格したりと、いろいろありました。
年末ですから今年導入したカメラ関係の機材を振り返っておきます。

まず、今年導入して今も使っている(今後も使うであろう)機材は、
・Nikon D4
・Nikon F-501
・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
・AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
・AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
・Ai Nikkor 45mm f/2.8P
・Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
・SB-910
の八つ。

次に、今年導入して既に売却した機材は、
・AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
・AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
の二つ。

それぞれ写真を載せて若干の感想を記します。

2.今年導入して今も使っている(今後も使うであろう)機材

P9020830
Nikon D4
いつかはフラッグシップ、ということで以前から憧れていたカメラ。
あれこれ下取りに出して購入できました。
高感度、高速連写に強い最高のカメラですね。

IMG_9685
Nikon F-501
ニコン研究会の会員の方から譲っていただいたフィルムカメラ。
ニコン初の本格的AFカメラです(F3AFは試験的な機種ですからね)。
まだフィルムを詰めていないので、そろそろ試したいと考えています。

DSC_2636
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
原田壮基さんが光学設計を担当された、現時点で世界最高の性能を誇る大口径標準ズームレンズ。
旧型も使っていましたが、やはり手振れ補正機能が付いた新型は凄いです。

DSC_1743
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
佐藤治夫さんが光学設計を担当された大口径広角単焦点レンズ。
以前ニコンの撮影ツアーでお借りして使ったことがあったのですが、購入して使ってみて、改めて画角の丁度良さと素敵なボケ味に虜になっております。
写真家の赤山シュウさんにオススメされて手に入れました。

DSC_0296
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
これまた佐藤治夫さんが光学設計を担当された大口径標準単焦点レンズ。
史上最高のポートレート、夜景描写性能を誇る素晴らしいレンズです。Noct Nikkorの思想を受け継ぐ、というのも頷けます。
無人島にレンズを一本だけ持って行ける、ということになったらこれを選びます。

DSC_5186
Ai Nikkor 45mm f/2.8P
大下孝一さんが光学設計を担当されたパンケーキレンズ。
前々からパンケーキレンズが欲しかったのですが、付属品一式が揃った黒色の新品同様品を見つけたので、ついつい手に入れてしまいました。
この軽さ、そして素晴らしい写り。ニコンさんにはぜひとも、この後継のAFパンケーキレンズを出していただきたいですね。

IMG_9682
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
F-501に合うレンズはDタイプの50mmではなかろうか、と思って導入。
小型軽量で抜群に写る伝統の50mm/F1.4です。

IMG_9146
SB-910
SB-700も使っていたのですが、より光量のあるスピードライトが必要になり導入。
結局ボディが一台だけになったので、SB-700等は手放してSB-910に統一しました。
これさえあればライティングはバッチリという安心感があります。

3.今年導入して既に売却した機材

DSC_5940
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
キャッシュバックにつられて購入。
さすがニッコールのマイクロレンズ、切れ味抜群です。
気に入っていたのですが、マイクロレンズはニコンおもしろレンズ工房のぐぐっとマクロがある為、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G購入の際に下取りとして売却しました。

IMG_9391
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
ニコンの1.8Gシリーズの一つで、素晴らしい性能を誇る中望遠単焦点レンズ。
85mmはポートレート以外にも花の撮影などで使える、良い焦点距離ですね。
58mm購入の際に、85mmの必要性を失った為、手放してしまいました。

4.おわりに

最近夜景を撮りに行き、超広角レンズの必要性を痛感しました。
来年は必要な画角を自分できちんと把握して、機材を充実させてゆきたいと考えています。

Nikon D4の第一印象

P8230825

デジタル一眼レフカメラを一台に統一しよう、と考えて、Nikon D4の中古美品をMap Cameraで購入しました。
D4を選んだ理由は、さすがにD4Sは手が出なかったのと、D4でも十分な気がしたから。
D800やD610を下取りに出しましたので、負担はそこまでではなかったです。

他のカメラをいろいろ使ってきた中での、D4に対する第一印象は
・大きくて重たいはずなのに、持ちやすい
・AF-ONボタンを押してからAFが動き出すまでの初速が、他の機種に比べて速い
・ボタン配置が秀逸
・各々の動作がストレスなくできる
まあ、こんな感じでしょうか。

いくつか写真を撮りましたので、掲載しておきます。

DSC_0079
沼津港深海水族館にて。動き物に強い。

DSC_0182
ISO4000でも全く破綻しない高感度。ビールを撮るのにも役立ちます。

また近いうちにレビューを載せようと思います。

「私のNIKKOR」冊子の表紙に載っているレンズ構成図のレンズは何か(Vol.1〜2対応)

IMG_9222

「私のNIKKOR」というNikonのレンズ紹介コンテンツがあり、毎月20日に更新されています。カメラ雑誌にも毎月掲載中。
写真家の皆さんがNikonのどのレンズを選び、どんな写真を撮ったのか。毎回、ワクワクしながら楽しんでいます。
写真と文章の他にインタビュー動画もあり、これも面白いです。

そんな「私のNIKKOR」ですが、冊子版も存在します。ウェブ上のものをまとめた形。
ちょっとした写真集+レンズのカタログ、といったところでしょうか。ニコンプラザで手に入れることができます。
Vol.1(とは記されていませんが、便宜上そう呼びましょう)は昨年のCP+で手に入れたのですが、最近Vol.2が登場したことを知り、手に入れました。
Vol.1はコンテンツの第1回から第15回まで。Vol.2は第16回から第30回までが掲載されています。

家でパラパラと冊子版を読んでいると、表紙のレンズ構成図がVol.1と2で異なっていることに気が付きました。
はたして、この構成図のレンズは何か。調べてみました。

まずVol.1の冊子。
NIKKOR1
これはAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gでした。
5814
点光源の描写とボケ味にこだわった名玉です。私もいつか欲しいレンズ。

次にVol.2の冊子。
NIKKOR2
これはAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRでした。
3004
PF(位相フレネル)レンズを採用して軽量化、小型化を実現した望遠単焦点レンズで、簡単に手持ち撮影が可能でありながら切れ味抜群。

それぞれ、冊子の中で紹介されているレンズです。表紙にするということは、Nikonとしてアピールしているレンズとも言えましょう。
レンズ構成図を眺めて光学を考えるのも面白いなと、調べながら思った次第です。

最近撮った写真など

DSC_0010 - バージョン 1

ここ数日、いくつか写真を撮って、SNS等に投稿しました。
まとめの意味を込めて、この場に掲載しておきます。

冒頭の写真は写真家の赤山シュウさん小林幹幸さんのツーショット。先日、お会いする機会がありました。
小林さんプロデュースのカメラバッグを触らせていただきましたが、とても良い作りでした。

IMG_8908
続いてニコン研究会での一枚。
赤山さん、小林さんの写真も載っている「フォトテクニックデジタル」2015年4月号と共に、オリンパスのペンが並びました。

DSC_5404
DSC_5394
3月24日は戸塚アンダーパス開通記念式典。
ウォーキングイベントと称して、アンダーパスを歩くイベントです。
戸塚区のマスコットキャラクター「ウナシー」もいましたよ。

DSC_5415
DSC_5416
DSC_5426
翌25日はまず、戸塚区総合庁舎での上矢部高校文化部合同展へ。
写真部OBですから、まずは写真部の展示を。なかなか良かったです。
文芸部は賞を受賞されたそうです。

DSC_5493
DSC_5439
DSC_5494
DSC_5554
DSC_5570
続いて戸塚アンダーパス開通、戸塚大踏切閉鎖の現場へ。
開通直後、私もバイクで通りました。便利になりそうですね。
踏切では別れを惜しむ方が多く集まりました。その中には地元選出の元法務大臣、田中慶秋さんも。
最後に踏切を歩いて渡ろう、写真を撮ろう、という方が多くて、警察官や駅員さんの警備が厳重でした。

まあ最近は、こんな感じです。

戸塚大踏切(開かずの踏切)の微速度撮影

DSC_5379

「開かずの踏切」として知られる戸塚大踏切。
都市整備局の戸塚中央区画整理事務所にお尋ねしたところ、ピーク時とは07:00〜08:00の1時間で、そのうち57分間は踏切が遮断しているそうです。
その様子を微速度撮影の方法で撮りました。

3回開きましたが、いずれも超短時間。
開いた瞬間にカンカンと音が鳴り、音が鳴る中踏切のバーがいったん上がり、その後即座に下がる、ということもありました。
57分ではなく、58分30秒くらい遮断されているのではないか、と思えました。

既に歩行者、自転車のための戸塚大踏切デッキが完成しており、踏切の上を安全に通過することが可能です。
また自動車、バイク用には、戸塚アンダーパスが2015年3月25日の15:00に開通します。その1時間後の16:00にはとうとう踏切が閉鎖される予定です。
この踏切の命も残り僅かとなったことから、資料的な意味も込めて撮影をした次第です。

大学の話

img004

大学に入学した春: ここから遠く

このブログはRSSを登録しており、いつも読んでいる。今日の投稿記事で大学の話がされていたから、私も大学の頃の話をしよう。

12年前、私は、北九州市立大学法学部に入学した。祖母の家に居候して通うことになった。
高校時代は生徒会活動や部活動に精を出しており、あまり勉強しなかった。だから北九州市立大学でも、たいへん満足していた。国立でも私立でもない、公立の中途半端感が面白かった。
地元の神奈川大学にも合格していたが、私立と公立では学生数が大きく異なるし、学費にも差がある。こぢんまりとした大学のほうが自分には向いていると考えた。

大学に入学して最初に感じたのは、キャンパスが狭いことだった。競馬場と自衛隊に挟まれ、窮屈と思いきや、講義の移動が楽で良かった。
本館のビルを除いて講義棟は古く、サークル会館は特に古くて汚かった。かつて学生運動の拠点だったらしいというサークル会館は、今やおとなしいサークル活動の場に変わっていたが、学生自治が確立している良い場だった。おそらく日本一、学生に自由のある大学だったと思うし、今でもそうだろう。

ほどほどの学生数に、素晴らしい教授陣、そして蔦が絡まる雰囲気の良い図書館。
ここで4年間思う存分学ぶぞ、と強く感じた。
結果的に3年間で卒業単位を取得して中退し、飛び級で大学院へ進学したものの、多くの経験をし、多くの出会いがあった。
学問を究めるのも、サークルに力を入れるのも、友人と遊ぶのも、大学ならなんでもありだ。
大学生活は人生で一番、「なんでもできる」時間だったのだと、今になって思う。
これから大学に進まれる方には、思う存分、自分を試してほしいと願うのである。

img023

東日本大震災から4年

DSC_4710

東日本大震災が起きてから4年が経った。
あらためて犠牲者の方々のご冥福をお祈りしたい。

当時の恐怖や、地震への備えの気持ちが、最近薄れていると感じる。
次第に忘れてしまうからこそ、人は何かに記録し、残そうとする。体験していない後世の人びとに伝えようとする。

家族や友人との語らい、日記、インターネットでの表現。どんな形であれ自分の思いを表す。
3月11日は、そんなことをしながら、我が身を振り返り、被災地に思いを馳せる日にしたいものである。

DSC_0255