ニコンのエーアイレンズの正式表記は小文字もある「Ai」か大文字だけの「AI」か


Aiロゴ

ニコンにはAiレンズまたはAi-Sレンズというものがあり、その派生としてAi AF〜DレンズやAi AF-S〜Dレンズというものもあります。
このAiとは「Automatic Maximum Aperture Indexing(開放F値自動補正)」という意味です(詳しくはリンク先へ)。

そんなAiレンズ、冒頭に載せたロゴもちゃんと存在しており、かつてはレンズの箱や説明書にもロゴが印字されていました。
ニッコールレンズ総合カタログでも「Ai」ロゴが使用されています。
ところが最近は「Ai」ではなく「AI」表記を目にします。現行レンズの紹介サイトは、レンズ名表記が「AI」で統一されているのです。
不思議なのはニッコール千夜一夜物語で、こちらは「Ai」と「AI」が混在している状況。

そこで先日、ニコンカスタマーサポートセンターに電話して、正式表記はどちらなのか尋ねてみました。
センターの方によると、

・かつてはAiロゴが使われていた
・インターネットが普及しだしてからテキストを使うようになり、次第にロゴを使わずAIへ変わっていった
・ニコンとして正式な決定がなされたわけではなさそう
・現時点での正式表記は大文字の「AI」である

とのこと。

したがって、過去の文脈で使う場合は「Ai」が正しいけれども、現行レンズ(AIが付くレンズは現在25本ある)を指す場合等は「AI」を使うほうが妥当かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.